健康食品のOEM(受託製造)はお客様と一緒に商品開発するマリンプロジェクトへ

月別アーカイブ

健康食品工場のノロウィルス対策
年が明けてノロウイルスによる感染性胃腸炎が流行しています。
パン製造工場を発生源とする学校給食による集団感染が起こったことで、ここのところ弊社も同様な事故を懸念する各健康食品工場への指導に忙殺されています。

さて、平時から衛生管理意識が高い健康食品工場での対策は、工場ごとの細部各論になりますし、またそれぞれのノウハウでもありますので、ここでご紹介することは相応ではありません。
一方、一般論(ノロウイルスそのものや、発生状況、対策などの知識)としてはさまざま報じられていますので、ここで詳細に語っても意味がありませんので、食品製造に従事する者としての知識と対策のポイントのみ、以下簡潔にお話します。

●ノロウィルスに対する知識
  • インフルエンザのような事前の予防接種(ワクチン)は無い。
  • 100個以下のわずかなウィルスが口の中に入るだけで感染する恐れがある。
  • そのわずかに入ったウィルスが、十二指腸や小腸で増殖し、糞便や嘔吐物として体外へ排出されて、感染源となる。

●対策
  • トイレの管理が最重要。
    トイレのルールの徹底(使用方法、清掃・消毒など)。
  • 作業者の手洗いとその方法をあらためて徹底する。
  • 下痢や嘔吐などの症状がある方は治療に専念し、決して商品を取り扱う作業はしない。
  • 家庭で感染性胃腸炎の感染者の疑いがある人に接する場合、そのふん便や嘔吐物を適切に処理し、感染を広げないようにする。

さて、食品製造に従事する人は、常に爪を短く切り、指輪を着けず、常々清潔に保つのは当然ですが、手洗いについては、これまで以上に細心の注意が必要です。
その具体的な方法は、厚生労働省「手洗いの手順」をご参考ください。

また、トイレは必ず汚染していると考えねばなりません。
感染しても症状が出ない感染者も多く、そういった方が普通に使用するからです。 したがって、ウィルスをトイレから出さない対策を徹底する必要もあります。
なお、あらためて、厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」もご確認ください。

上述のようにノロウイルスにはワクチンもありませんし、わずかなウイルスで感染するため、完全にシャットアウトすることは極めて難しいのが現状ですが、その中においてもこのような配慮・対策によって、最善・細心の注意を払うと同時に、かくいう私たち健康食品OEM事業者も、サプリメントや健康食品を賢く利用しながら、常日頃の健康管理、体力・免疫力の維持に気を配らないとなりません。
そして、決して自らがウイルスを撒き散らす感染源にならないという強い矜持と心構えが重要と思います。
(インフルエンザの猛威もそこまで近づいてきていることですし、不断の努力と実践が大事です)
2014年1月28日
2014年 年始のご挨拶 健康食品のマリンプロジェクト
新年、明けましておめでとうございます。
今年もめでたく新年を迎えることが出来ました。真にありがとうございます。
今年は弊社にとって創業10年の節目となります。
設立以来、本年に至るまで営業を続けられましたこと、ひとえにお取引先の皆様のお蔭でありますことを心より感謝し、重ねて御礼申し上げます。

本年は消費税増税、各種の値上げなど、厳しい時勢が続くと思いますが、弊社といたしましては、初心を忘れることなく「良い健康食品をOEM製造する」ために一層精進、全力投球してまいますので宜しくお願いいたします。
新年を迎え、皆様に輝かしいご多幸が訪れますよう社員一同お祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

追伸:
年末年始休暇中にいただきました「お問い合わせメール」に対しましては、原則として2営業日中に、弊社からメールにてご返答させていただいております。
しかしながら、いただくメールの状況によっては、本来受信する必要があるメッセージが [迷惑メール] フォルダに移動されてしまう場合があります。
「お問い合わせメール」をいただいたにもかかわらず、自動返信メールとは別の「お問い合わせの内容に関する返答メール」が、2営業日以内に届かない場合には、そうしたトラブルの可能性が高いと思われますので、お手数ですが、再度メールをいただくか、お電話いただきたくお願い申し上げます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。
2014年1月 1日

健康食品のOEMメニュー

マリンプロジェクトのショッピングサイト

マリンプロジェクトについて