顆粒の健康食品製造工程を解説し納品までの流れを把握して頂きます

製造工程
顆粒は、医薬品にも使用される剤型ですので、健康食品としてOEM(受託製造)する場合についても従来から厳重に品質管理がなされて来ましたが、近年、「健康食品GMP」「ISO」「HACCP」などの考え方が導入され、一層厳しい管理が実施されています。
これらの製造工程の詳細を解説します。
フローシート
顆粒は、健康食品・サプリメント原料を分散・混合・結着加工するという、比較的シンプルな工程で製造されますが、原料の受け入れ試験、出荷時の製品検査などの厳密な管理を行うこと、および小包装(1回使用量での包装)等のため、トータルでおよそ3週間程度の製造日数が必要となります。

顆粒の製造フロー

各工程の解説

●原料受け入れ試験



原料規格確認、性状(味・色・臭い)確認、細菌検査などで、健康成分及び添加物の品質を検査します。
その結果、検査に合格した原料のみを顆粒製造室に搬入します。
万一、不合格と判定された原料は返品処理されます。

●ろ過・混合



粉末状の健康成分(コラーゲン、ヒアルロン酸、明日葉、ビタミンCなど)、必要に応じてデキストリン、デンプン等の賦形剤(増量剤)をふるいにかけて粒子を揃えた後に、混合・撹拌し、均一に分散します。

●顆粒加工



主に次の3つの方法があり、それぞれ出来上がりの顆粒の性質が異なります。

  • 押し出し式製造法
    混合粉末を無数の小穴が開いたカゴに押し付け顆粒を得る方法で、比較的固く溶けにくいですが、最も顆粒らしいペレットタイプの外観をしています。
  • 流動層造粒法
    粉末を流動させながらコーティング液を噴霧する方法で、微粒タイプの溶けやすい顆粒ができます。
  • 撹拌造粒法
    撹拌により粉末粒子を回転させながら固める方法で、球形で、やや溶けやすい顆粒が得られます。

いずれの製造方法も、結合剤(食品の糊)を加え、粉末を湿らせて粉末粒子を一定の大きさに加工していきます。

押し出し式で製造した顆粒(ビーポーレン) 流動層で製造した顆粒(青汁)
押し出し式で製造した顆粒(ビーポーレン) 流動層で製造した顆粒(青汁)

●整粒



必要に応じて粗粉砕した後、一定の開口面積のふるいに通し、所定の大きさの顆粒を得ます。

●製品試験



品質管理担当者が、生産品からランダムに検体となる顆粒をサンプリングし、性状(外観・味・臭い)、粒子径(粒度分布)、水分量、崩壊試験、細菌試験などの製品試験を実施し、異常がないか確認します。
試験内容詳細はカプセルの試験に準じますので、「カプセル健康食品の製造と試験」をご参考ください。

●包装



製品仕様に応じて、バルク包装(顆粒のみでの出荷形態)、樹脂ボトル、アルミ袋、三方シール、スティック包装などの所定の形態に包装します。

●出荷判定



製造管理責任者、品質管理責任者、最終責任者である総括管理者の総合的な品質判定に合格した製品のみが出荷が認められます。

●出荷



出荷担当者は、判定に合格していることを確認の上、 指図書で指定された納品場所に遅滞なく出荷します。

健康食品のOEMメニュー

マリンプロジェクトのショッピングサイト

マリンプロジェクトについて