顆粒のOEMに関する加工技術と規格についてご紹介致します

製造ロット
受託できる最少の製造数量は、一般に30kg程度からです。
経済ロットは60kg程度です。
ただし、特殊な原材料を使用する場合には、その入手可能な最少数量が、製造ロットの大きさを決める要素になる場合があります。

なお、造粒せず、粉末同士を単に混合して調製する「粉末混合品」も、同程度の数量から製造可能です。

原材料
●加工可能な健康成分
OEMで顆粒に出来る健康食品素材は、粉末状の物質で、そのほとんどは問題ありませんが一部に注意が必要な物質があります。
その内容は錠剤の場合と同様ですので、詳細は加工可能な健康成分をご覧ください。
●必要な添加物
顆粒に加工するためには、極一部の素材を除いて添加物が必要です。
粉末粒子を結合させるため、デキストリン、デンプン、HPC、HPMCなどの水溶性高分子が広く使用されます。
保管に関する留意点
一般に、顆粒製品を含む健康食品やサプリメントは、保管方法が指定されている一部の製品を除いて、通常の加工食品と同様な条件で保管していただければ問題ありません。
すなわち、
  • 温度115〜30℃
  • 湿度60%以下
  • 直射日光にあたらない場所

であって、防虫や細菌汚染などの関係上、衛生的に管理された場所です。
なお、バルク出荷(顆粒のみでの出荷)の場合は、簡易包装となっていますので、商品包装までの間上記条件で保管いただくことはもとより、3ヶ月以内に小分け包装していただく必要があります。

顆粒の健康食品の受託製造における製造工程

粒の製造方法には、流動層造粒法、押し出し式造粒法などいくつかの方法がありますが、OEMで扱われる健康食品やサプリメントの顆粒は、いずれも厳重に品質管理されています。
安心してOEMやPB(プライベートブランド)をご用命ください。
詳細は顆粒の製造工程をご覧ください。
ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミド、マカ、ショウガ、シトルリン、トンカットアリなどの各種健康素材を用いた顆粒製品を受託製造、OEM PB(プライベートブランド)加工いたします。
メールでご連絡いただければ、原則即日回答いたします。
お問い合わせページへ

健康食品のOEMメニュー

マリンプロジェクトのショッピングサイト

マリンプロジェクトについて