ハードカプセルOEMに関する加工技術と規格についてご紹介致します

製造ロットについて
サイズ、特殊加工の有無によって異なりますが、一般的には5万粒程度から製造をお受けします。
経済ロットは通常30万粒程度です。
原材料について
●皮膜の原材料
ゼラチン、プルラン、HPMCなどの食品原料で製造されています。
ゼラチンは、牛、豚、魚などの良質なたんぱく質で、加工適性、安定性に優れ、製造コストも安価です。
プルランとHPMCは植物ハードカプセル用の原料です。
●内容物の原材料
加工が可能なもの、困難なものがあります。
詳しくは加工可能な健康成分をご覧ください。
ハードカプセルの種類
さまざまな色のハードカプセル

健康食品のOEMで選べるサイズ(寸法)について

規格された各サイズの中から選択していただきます。
「ハードカプセルのサイズ」をご覧ください)
一般的に健康食品のOEMでは、1号、2号が多く用いられています。
保管に関する留意点
一般に、保管方法に指定がある一部の製品を除き、
健康食品やサプリメントとしての好ましい環境は次の通りです。
  • 温度15℃〜30℃
  • 湿度60%以下
  • 直射日光にあたらない場所
  • 上記条件であって、衛生的に管理された場所。
なお、バルク出荷(ハードカプセルのみでのお届け)の場合は簡易包装となっていますので、到着後3ヶ月以内に商品包装をしていただく必要があります。
特殊加工にも対応いたします

腸溶性カプセルの写真

●腸溶性カプセル
腸溶性とは、医薬品において活用されてきた技術です。
健康食品とサプリメントにも中身の成分によってはこの加工が有用なものがあります。
(詳しくは腸溶性ハードカプセルについてをご確認ください)

植物性カプセルの写真

●植物性カプセル
ゼラチンに変え、プルランや、HPMCなどの植物原料で製造されたものです。
(詳しくは植物性ハードカプセルについてをご確認ください)

マリンプロジェクトの品質管理

●製品試験について
製造完了後、品質管理担当者が製品全体から検体をサンプリングし、各種の試験を行います。
詳細は、カプセルの試験をご覧ください。
●製造過程について
OEMの際、健康食品とサプリメントの場合は医薬品と同様に原料の受け入れ試験から出荷まで、厳重に品質管理されています。
(詳しくはハードカプセルの製造工程をご覧ください)
安心して、OEMとPB(プライベートブランド)の受託加工をご用命ください。
ハードカプセルのOEM製造

ハードカプセルのトラブル
ハードカプセル特有の異常や不具合などのトラブルや過去のクレーム事例について、ハードカプセルの異常とクレーム事例にまとめています。
ハードカプセル製品で予想される問題を、広範囲にわたって掲載していますので、万一、貴社が販売している製品においてトラブルが発生した際には原因究明の一助としてお役立てください。

ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミド、マカ、ショウガ、ニンニク、ローヤルゼリー、ブルーベリー、黒酢、シトルリン、トンカットアリなどの各種健康素材を、ハードカプセル製品としてOEM、PB(プライベートブランド)加工いたします。
メールでご連絡いただければ、原則即日回答いたします。
お問い合わせページへ

健康食品のOEMメニュー

マリンプロジェクトのショッピングサイト

マリンプロジェクトについて