スティックタイプ液体充填可能な内容についてご紹介致します


※ 現在、スティック濃縮液は、工場のキャパシティオーバーのため、新製品の受託ができない状況です。
再開可能になった際には、当ページでお伝えいたしますので、あしからずご了承くださいませ。


小袋タイプの液体充填の受託製造についてご案内いたします。
基本的にオーダーメイドになりますので、ケースバイケースとなる要因が多くなりますが、一般的には次の特長を有しています。
  • ゼリータイプに比べて小ロットで製造可能なこと。
  • 濃縮液を充填することで、使用方法や用途が広がること。

スティックタイプ液体充填の受託製造

●形状
使用しやすさとコストを考慮した、スティックタイプの三方シール包装となります。
スティックの形状・サイズ(縦・横の寸法)には、比較的自由度があります。
内容量は適宜調整可能ですが、一般的には次の通りです。
  • 最大20gとなります。
     (これ以上の重さになりますと、自重のために破損しやすい、使用しにくい等の問題が出てきます)
  • 最少3g程度となります。
     (これ以下になりますと、内容量のバラつきが大きくなります)

液体充填(濃縮液)
液体充填(濃縮液など)

●内容物
黒酢、各種エキス、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ、グルコサミン、セラミド、エラスチン、コンドロイチン、フコイダン、植物性乳酸菌、各種ビタミン等を配合した濃縮液をご検討ください。
粘度的には、蜂蜜やペースト程度の流動性があれば製造可能です。
おいしい味にするためには、各種の果汁配合が有効です。
低カロリー、防腐剤添加無しの配合もご提案します。

●スティックタイプ濃縮液のメリット
そのまま食べる、水に溶かす、料理その他に混ぜるなど様々な使用方法に対応しますので、1回使用分が封入された容器として優れた利便性があります。
その他にも次のメリットがあります。
  • 味を楽しめる。
  • カプセルや錠剤に比べ機能成分を多く摂取できる。
  • ドリンクに比べ持ち運びや廃棄が容易。
  • ドリンクに比べコスト的に安価。

●製造工程
次の流れで衛生的に製造します。
各工程ごとに確実な品質管理を行いますので安心してご発注ください。
≪調合・混合≫→≪撹拌・溶解≫→≪加熱殺菌≫→≪三方シール包装充填≫→≪冷却≫→≪全数外観検査≫→≪全数内容量検査≫→≪バルク・最終包装≫→≪出荷≫

●製造ロット
  • 最少ロット:  10,000包程度(これよりも少ない量をご希望の場合はご相談ください)
  • 経済ロット: 150,000包程度となります。

●製造費用について
価格を決める要素には、主に次の3つがあります。
  • 原料費(高い原料を多く配合するほどコストアップとなる)
  • 製造数量(一度に製造する数量が多いほど安価になる)
  • 包装費(スティックのアルミフィルム費、化粧箱作製費、デザイン費など)
そこで、製造費用の算出は、まず貴社のご希望イメージやご要望などをお伺いし、概算のお見積りをさせていただくところから始めさせていただきます。
詳しくはOEMの流れをご参照ください。

●試作品製造について
・テーブルテスト(味見本の作製)
濃縮液の場合は、カプセルや錠剤のサプリメントよりも、味・香りが重要ですので、ご希望の配合成分や健康・栄養機能を伺った上で、味見本の作製を行います。
作製数量は濃縮液として1種類20本程度です(ご相談に応じます)。

・ラインテスト
味見本をご確認いただき、味が決定しましたら、本製造装置を用いたラインテストを行います。
1種3s程度の濃縮液を調合し、本製造と同じ装置、同じ条件で試作品を製造します。
出来上がった試作品をご確認いただいた上で本製造のご発注をいただきます。


●賞味期限の設定について
試作品を用いて、賞味期限設定のための安定性試験を行います。加速した条件により実施しますので、試験期間は通常1ヶ月から2カ月程度です。
一般にスティックタイプ濃縮液の賞味期限は、1年程度の製品が多いです。

●その他
ご発注と同時に次の準備を行います。
  • オリジナル包材の準備
  • 栄養表示のための分析
これらの作業にはそれぞれ一定の期間がかかりますが、その大部分はご発注から納入までの製造期間(初回は4週間程度いただきます)と相殺して考えることができます。

スティック濃縮液の配合例

◆黒酢スティック濃縮液
黒酢 50r
リンゴ酢 50r
クエン酸 10r
ローヤルゼリー 5r
ビタミンC 5r
甘味料 適量
精製水 適量
合計 20g/1包
※ 5倍〜10倍に希釈して摂取する。

◆コラーゲン・植物性乳酸菌スティック濃縮液
フィッシュコラーゲン 1000r
ヒアルロン酸 5r
植物性乳酸菌 10r
ビタミンC 100r
グレープフルーツ果汁 2000r
グレープフルーツフレーバー 10mg
甘味料 適量
精製水 適量
合計 20g/1包
※ そのまま〜5倍程度に希釈して摂取する。

健康食品のOEMメニュー

マリンプロジェクトのショッピングサイト

マリンプロジェクトについて