健康食品製造に関係するな行の用語集です

用語集(な行)

な行


ナイアシン
水溶性ビタミンであるビタミンB群の仲間で、体内で同じ作用をするニコチン酸とニコチン酸アミドの総称です。
栄養機能食品とした場合には「ナイアシンは皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です」との機能表示が認められています。

ナトリウム
ナトリウムは食塩として摂取する以外にも様々な食品に含まれているミネラルの一つです。
体に必須の成分ですが、通常の食生活では不足の心配よりも過剰摂取による問題の方が懸念されます。
そのため加工食品の栄養成分表示にはナトリウムの項目が設けられています。

ナットウキナーゼ
納豆から抽出、精製される酵素で、様々な健康機能が報告されています。ナットウキナーゼはデリケートな成分で酵素の働きを失活させることなく、健康食品に加工するにはノウハウが必要です。

軟カプセル
ソフトカプセルの別名です。
軟(ソフト)というほど柔らかいわけではありませんが、製造上・流通上の必要性から皮膜部に弾力性と柔軟性を与えたカプセルのため、このように称しハード(硬)カプセルと区別しています。

ニコチン酸
上記ナイアシンをご参考下さい。

二酸化チタン
食品を白くするために使用される鉱物由来の着色料で、食品添加物として広く使用されています。
表示義務があり、またいかつい名称ですので好まれない販社様も多いですが、カプセルの皮膜着色、錠剤の着色には有効な添加物です。

二重盲試験
成分の健康機能(医薬品の場合は効能効果)を客観的に調べる試験で、思い込みが結果に影響を与えないように、試験者と被験者(試験をする人とされる人)共に、中身の性質や機能(効果)を事前に知らされずに実施する試験です。
なお、被験者だけが知らされない試験を単盲試験と呼びます。

乳化剤
水と油を混ぜ合わせるために使用される添加物で、界面活性剤とも言われます。
食品に使用されるものとしては、合成の添加物として、グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル等があり、天然系の添加物としては、レシチン、サポニンなどがあります。
乳化剤の作用は多岐にわたっており、健康食品の場合、ソフトカプセルでは、粉末成分を油に均一に分散させるために、グリセリン脂肪酸エステルや大豆レシチンが使用されます。
また、錠剤やハードカプセルには、原料の粉末に流動性を与え重量のバラつきを防ぐために使用されます。

乳酸菌
ヨーグルトなどの乳製品、キムチ等の漬物などの発酵食品に発酵に用いられてきた有用菌で、広義にはビフィズス菌も含みます。
有益な乳酸菌を摂取して健康維持を図る考え方をプロバイオテクスと呼び、各種健康食品・サプリメントが開発されています。
ビフィズス菌などのデリケートな菌を、腸溶性カプセルとして胃酸から保護する技術も開発されています。

乳糖
ラクトースとも呼ばれる、哺乳類の乳に含まれている糖です。
錠剤を製造する際に、成分が少ない場合に一定の大きさに成型するために配合する原材料を賦形剤と言いますが、乳糖は吸湿しにくい、甘味が少ない、成形しやすい、成分に影響を与えにくいなどのメリットから古くから賦形剤として利用されています。

納品
製品をご指定の場所にお送りして納めることです。
基本的に、カプセルや錠剤としてのバルク出荷と、それらを包装した製品出荷とがあり、それぞれの性質に合致した出荷形態でお送りいたします。

納期
ご発注いただいてから納品までの期間です。
剤形や包装形態によって異なりますが、通常では3週間から4週間程度です。

健康食品のOEMメニュー

マリンプロジェクトのショッピングサイト

マリンプロジェクトについて